ひとりごとブログです。


by moe_ri

<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです

かなーり放置してしまいました…

ちょい思うところがあったので、特定されない範囲で仕事の話しはこっちでしていこうかなぁと思ったり。

というのも、ツ イ ッ タ ーやM I X Iで仕事のグチを書きまくっていたら、担当していた作家さんに「言葉を選ばず他人を非難していて聞くに堪えないし自分のモチベーションが急激に下がった。もう仕事をしたくない」と言われてしまったのです…orz

容赦なく他人を攻撃してしまうADHDの悪いところが出てしまいました。
確かに自分が逆の立場だったら信用できなくなりますよね。
とはいえ普通の人のように黙って貯めこむとストレスで発狂しそうなので、関係者のいるところでのグチはやめようと思ったくらいです(反省しろ)

ただ…仕事をお願いしていて「もうこの仕事はやりたくない」と言われたのは彼女でふたりめなのですが…

仕事に対する認識が甘いように感じました。

私のグチに耐えかねて…というのは言い訳で、単に自分の描きたいものではない、条件面で折り合わないというのが大きいのだろうなぁと。

まだ若くて学生だから、というのもあるし、実家ぐらしだからというのもあるのでしょう。

確かに、今私が担当している仕事はワ ー キ ン グ プ アと言っても差し支えないくらいです。
ギャラは安く、クオリティが高いものを求められ、実績としても使えない。
どうしても仕事に困っているけど今更コンビニでバイトはしたくない…というときに選ぶような、そんな仕事です。
クライアントは悪い人ではないけど、ADHDな社長がコロコロ方針を変えるため、割を食うのはこちらです。
はじめの話しと全く違ってしまった事も、仕事を降りたくなった原因の一つのようです。

でも、一度引き受けた以上は、最後までやり遂げるべきだと私は思うのですが。
ひとりめは友人で、はじめは「仕事をくれるだけありがたい」と言っていたのに、最後はメールで「こんな条件こき使おうなんて、自分をバカにしてるとしか思えない」的な暴言を吐かれました。
こちらにも至らないところはあったと思うのですが、自分が思っていたのとちがった、やりたくない仕事だから途中で降りる…そんなんで食っていけるならいいよね。
プロ意識ってやつはないんでしょうかね。
頭を下げるのは私なんですが。

思わず布団の中で、自分の今までしてきた仕事について考えてしまいました。
初期の頃はマージンとしてギャラの4割を持っていかれ、社長の自己満足のオ ナ ニ ー 企画の文章を書かされ、片道一時間かけて打ち合わせに行けば社長の嘘八百の自慢話と苦労話を聞かされて終わり。(もちろん交通費はこちら持ち)
当時の仕事は全部黒歴史です。(全く売れなかったし)
そんな仕事でも、黙ってやりました。
ギャラが安すぎて生活できないから、アルバイトをしながらだし。
モチベーションなんか下がる一方。
でも、他に出来ることがなかったから、しがみつくしかなかった。

去年もムチャぶりされて1MB近いシナリオを書いて、代表が精神的に参ったのなんので逃げて全部ぽしゃったりしたし。
三年近くそんな仕事ばかりさせられてるあたしに比べたらあんたたちなんか気を使ってもらってる方じゃないか。今の仕事だって私も同じように振り回されて苦労してるしギャラはあんた達の10分の1だしモチベーションも下がってる。それでも全部プロジェクトが終わるまではやめようとは思わない。一度受けた仕事から逃げるのだけはしたくないから。
今回だって、私も何度も「もうやめたい」って思ったけど、自分だけじゃなくて作家さんにも迷惑がかかるからとこらえていたのに。
相手は私に迷惑をかけることなんてなんとも思ってないんだ。やめたかったらやめちゃうんだ…
そう思うと力が一気に抜けました。また人間不信になりそうです。
そもそも描きたいものを描いている商業作家なんかいない。みんなどこかで妥協してるんだ。
ギャラが安いのも作業が大変なのも初めに何度もいったのに、どうして今になって言うんだ、甘えんのもいい加減にしろ…と。

ここでこちらが言いたい事を言ってこじらせては話しが面倒になるので、ここに吐き出させてもらいました。
正直人の仲介業は向いてないと分かったし、二人も担当作家がいなくなったので、今のクライアントともフェードアウトかな…と思ってます。
ギャラも雀の涙だし、それでもいいけどね。

なんか苦労ばっかりして報われない感じだなぁ…
そのうち良いことあるといいけど。
[PR]
by moe_ri | 2010-01-27 11:33 | 仕事