ひとりごとブログです。


by moe_ri

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本当の理解

彼氏とちょっとした言い合いになりまして。

原因は本当に些細なことで、ある事に関して彼が誤解したまま会話をしていて、途中で「それは違うんじゃない?」と私が指摘し、だんだんとお互いヒートアップしてけんか腰になってしまったのです。

こういうぶつかりあいは前からありました。
彼は自分の意見があまりない人で、ころころとその日によって変わってしまうんです。
以前に「ああいうのは好きじゃない」と言っていたものを「ああいうのもいいよね」と言い出したり、私の反応次第で意見を簡単に曲げてしまったり。

それが納得できない私は「この間は好きじゃないって言ってたのにどうしてそうやっていつも意見が変わるの?」
と怒ったり、受け流していい程度の些細な誤解を「それは違う!間違っている!」とヒステリックに糾弾したりして、そのたびに険悪になっていたのです。

温厚な彼も「そんな君に振り回されるのはほとほと疲れた…」みたいなコトを言い、
私も「私のそういうところについていけないならこの先やっていけないかもね」
…と、普段ならそのまま意地の張り合いで終わるところでしたが。

私が「申し訳ないけど、これは私の性分というか、脳がそういう構造になっているから、改善するコトは出来ても普通の人みたいにスルーはできない」
とポツリと漏らしたコトから、AD/HDの特質について語る流れになりました。
●間違った知識(特に自分の得意分野や専門分野で)を語られると、それがどんな些細な事でも許せず、固執してむきになって正そうとする。
だからそういう時は「落ち着け」と私がむきになっている事を指摘するか、話題を他の事に一旦逸らしたほうがいい。
●2chの意見を全部真に受けて寝込んでしまったくらいスルースキルがない。
友人知人とやりとりするときは全て真に受けないようなスキルを身にはつけたが、いわゆる「普通」レベルには一生かけてもなれない。
だから冗談が通じないと言われるし、今まで対人関係で苦しんできた。
●ただ「大丈夫だ」「なんとかする」と言われても曖昧な言葉では納得できない。「こうこうこういう理由だから大丈夫」「こうこうこうやってなんとかする」としっかりと具体案を示して欲しい。
(これに関してはどっちかというとASっぽい気がするんですがどうなんでしょう?
実は私、AS傾向も疑ってるので…)

私が小学校五年生まで友達が居なかった事や、小学校一年生の時、遠足でご飯を一人で食べた事を報告した親の反応を見て初めて「友達がいないことは異常な事なんだ」と気づいた事、
また、小学校になじめずチックを起こして病院へ行った事、
彼がこれまで意識せず営んでいた「普通の恋愛」など夢のまた夢で、セ フ レ の関係すら結んでもらえなかった事、
空気が読めず友人とトラブルを起こしている事(別の友人から指摘されるまで、相手が怒っている事に全く気づけなかった)…などなどを話しました。

彼は「萌理ちゃんの事を分かっていたつもりだったけど、全く分かっていなかったんだね…」と言ってくれました。

行動面(病的な方向音痴、時間の感覚がズレている、整理整頓が出来ない等)は、世話焼きな彼は積極的に面倒を見てくれていたのですが、そういった心理面ではやはりついていけないと思っていた節があったようです。
AD/HDという診断を受けたとカミングアウトしたときに、この本
を手渡して読んでもらっていたのですが、やはりそれだけでは把握できない部分はあったようです。
彼の言動を聞くたびに「本当に分かってくれているのかな…」と疑問に思うことは色々あったので。


●前から言われて違和感を感じていた「萌理ちゃんは普通だよ」という言葉も言わないでほしい。
私はこのとおりコミュニケーションに問題があるから、普通ではない。
普通に見えるのであれば、それは自分が学習して「普通の人はこういう反応をするものだ、こういう行動をするものだ」という知識を得たからだ。
ある意味英語や数学の勉強と同じレベルで、私たちは「普通の行動」を学んで身につけなければやっていけない。

●彼は気を使って言葉を飲み込んでしまうタイプなので、私は図に乗ってますます言いたい放題になってしまう。だからあなたが傷ついた時は今回みたいにきちんと注意して欲しい。
悪意で言っているわけではなく、気づいていないだけだから。

●恋愛感情にしたって、彼が求めるような「普通の恋愛感情」は理解できないだろうし一生抱く事はない。
ただ彼の事は必要だとは思っている。

●精神年齢は普通の人の2/3程度しかないし、私の事は子供の面倒を見るつもりになってもらったほうがいいと思う。

…と伝えました。

行動面の努力はなんとかなるが、こういった咄嗟の事に対してはやはり「いけない」と分かっていても感情が先に立ってしまう。
そして、この特質を受け入れられないのなら、本当に今後やっていくことは難しい…と。

それでも彼は「一生傍にいる」と言ってくれて、涙が出そうになりました。
雨降って地固まる…というところでしょうか。
やはりきちんと話し合うべきだなぁと思いました。
ここまで腹を割って話せる人、また、理解して一緒に良い関係を築けるように努力してくれようとする人は得がたいものですから。

色々と困難はありますが、頑張っていこうと改めて思いました。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-17 03:12 | ADHD的なこと

浮気?

遠距離なのでなかなか逢えず、そばに居て欲しいときにいない…という状況はつらいもので。
それでも私は一人でいるのが平気な方なので浮気とかは全然ないんですが
(というか、言い寄ってくる人もいないし…)
時々、本当に時々…ですが、浮気というか、一回くらいならいいかなぁと思ってしまうことがあります。

若い頃はチャットで知り合った人と待ち合わせて~なんてのもありましたしねぇ。
まあさすがに今はそんな事しませんけど^^;
暇つぶしに久しぶりに入ってみちゃおうかなぁとか思っちゃいます。思うだけですけどね。

私はどーも貞操観念がゆるいようで。
以前は彼氏がいるのに男性の友人を夜中部屋に入れたりしてました。
同居人がいるから大丈夫!って言い張ってたけど同居人が実家に帰省してたり旅行に行っていたりでうっかり二人きり…というのもありました。
まぁ何もなかったという事は、彼は私にそういう興味がなかったって事でしょう^^;
でもたとえ何もなくても、倫理的にマズイのかなぁ…(´・ω・`)

なんかそのへんよくわからないんですよね。
どこまでが浮気?みたいなアンケートをWebや雑誌で見たりしますけど、大体二人きりで飲みに行くあたりからNGみたいですねー。
ま、そんなシチュエーション今までなかったですけど。大体三人以上だったし。
でも飲みに行くくらいいいじゃない、なーんて思っちゃう私はゆるいのかなぁ…。

あと、押しにものっすご弱いんですよねぇ。
以前オフ会(と称した合コンだった)に参加した時、苦手なタイプの男性にしつこく言い寄られて…
ずっと拒否してたんですがほんっとぅううう~に強引に迫ってくるので面倒になっちゃって。
パニックになった私は(一回応じれば解放してくれるだろう)とか思ってついていっちゃった事もあります。
なんか勘違いSっていうか、乱暴にされてイヤになっちゃって途中で逃げましたけど…
首にいきなり噛み付かれたんですがあれなんだったんだろう?w

…ってな感じでたとえ好みでなくても苦手なタイプでも、迫られるとNOと言えないんですよね~^^;
ナンパみたいなあからさまに知らない人に迫られた場合は走って逃げますが、少しでも面識があったりしたら
断りきれないかも。

だから今誰かそういう人が現れても押し切る自信がないです;;
彼氏もそこを心配してるみたいで、仕事相手の男性を警戒してます。
「もし迫られたらちゃんと断れるの!?」ってしつこく言われますもんw
「大丈夫だよ、断るよ。だってつきあってる人がいるんだもん」
とは答えてますけど…実際のとこは自信ないです…。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-14 02:42 | 恋愛

診察2

昨日いろんな事に対して不安で泣きそうになってしまい、レキソタンを一錠飲んだら翌日頭痛がしてふらつきが…
やっぱ結構強い薬なんですね…。
食欲もないのでお昼はゆでたまごとトマト一個ですw

私は「不安を抑えるためには今後も薬が必要だ」と思っています。
というのも私の不安は発作的なものに近いからです。

AD/HDの人は普通の人に比べて些細な事に対して不安を感じやすいというのをどこかで見かけたのですが…。
おおらかな人もいるから、やはりこれは二次障害と呼ぶべきなんでしょうか?

一応AD/HDの診断をしてくれた先生ではあるのですが、専門医の方ではありませんし、「学習療法である程度は矯正できますから」と生活面でのフォローのみに徹しているようです。

多少問題があるにはありますが、AD/HDの欠点(時間の認識がずれている、締め切りが守れない、ミスが多い、掃除が出来ない、空気が読めない…etc)に関しては自分なりにスキルを身につけていますが、
不安に対しての耐性をつけるというのはなかなか難しいように思います。
一応母親が私が子供の頃、やはり病的な神経質だった事を伝えたのですが、軽く流されましたし…。
私の話し方が悪いのかなぁ…。うまく伝わってない気がします。
もっと切迫した話し方であればきちんと考えてくれるのかもと思いますが、それはそれで面倒…
って面倒がってちゃだめですね。

AD/HDやそういった長年の生育歴と結びつけて解きほぐしていく方法を考えたいのですが、ただ「不安に対する訓練をしましょう」だけじゃ分かりませんよ…(;´Д`)と思ってしまいます。
でも今までかかった中(といってもこの病院は三つ目くらいですけど)では一番まともだし、薬をなるべく処方しないという方式は気に入っているので、また一から探すのもなぁ~と思うと面倒なんですけどね。うーん。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-11 13:48 | 不安障害

診察

に行ってきました。

とりあえず薬を飲んでとても落ち着いて過ごせるようになったと話しました。
「薬を飲んで穏やかに過ごす事に馴れたら、そのうち薬は要らなくなりますよ」と言っていましたけど…
私にはそうは思えないなぁ…(´・ω・`)
ただ、私が不安にたいして耐性を持つためには、考え方のクセみたいなのを変えていくようにした方がいいとは言われました。

ブログや掲示板、友達のメールなどの、「他者のネガティブな感情を自分の事のように受け止めてしまう」「他者の感情と自分の感情の境界線が引けない」事について対処法を求めたかったのですが
「他人は他人で、自分にはどうしようも出来ない事がある」
「自分が全てを引き受ける必要はないことを認識してはどうでしょうか」

…うーん、それは分かっているんですけどね。
発作的に飛び込んでくるものなので頭では分かっていても対処できないから困っているのですが。
この先生、威圧的でなく話しをきちんと聞いてくれるのでいいんですが、具体的な対処法についてはあまり教えてくれないんですよねぇ…。なんか抽象的で…。

まぁ薬がもらえればいいや、程度の気持ちなのでしばらく通いますけども。
心の底から分かってもらいたいと思いつめているときなんかだとこういうもどかしさは辛いだろうなぁ。
心療内科の先生との相性って難しいなぁ・・・とふと思ったりしました。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-10 21:43 | 不安障害

薬への嫌悪感

何故かレキソタン半錠の方がソラナックスより副作用がないような気がします…。
特にふらつきや舌のもつれもなくのんびりと過ごせました。
相性の問題?

今まで何度か心療内科のお世話になり、そのたびに薬を飲んできましたが、こんなに薬のおかげでラクになれたのははじめてです。
リタリンは副作用ばかりで全く仕事にいい効果をもたらさず(仕事内容とリタリンの作用が合っていなかったというのもありますが)数年前にかかった病院では「眠れない」などと一言も言っていないのに睡眠薬まで処方され、言うとおりに飲んだら起き上がれなくなる始末で…。

すっかり心療内科不信気味だったんですが、今回ばかりは本当に行ってよかった、飲んでよかったと思います。

心療内科自体の当たりはずれが激しいというのもありますが…。
私が薬に頼るコトに対して罪悪感を抱くのは母の影響があります。

というのも母は健康オタクで、漢方薬に傾倒していて、いわゆる西洋科学の薬ってやつを信用してないのです。
上の妹がストレスで思春期の六年間生理が止まり、婦人科にかかってもらった薬を飲んでも全く効かず…。
近所の漢方薬局やら通販?で取り寄せた牡蠣の油だかなんだかの錠剤など色々妹に飲ませて体質改善してやっと生理が順調に来るようになった…と信じているからです。
今思うと、妹は母からの「優等生であること」への無言のプレッシャーや、受験のストレスに潰されてそうなってしまったのではないかと思うし、婦人科で効果がないなら心療内科へ行くべきだったんじゃないか…
母は自分が原因のひとつである事に気づくべきだったんじゃないか…と。
その証拠に、妹が受験のストレスから解放された高校~大学あたりで生理が復活しましたし^^;

まあそういう訳で、母はすっかり漢方薬信者になってしまいまして。
私は24歳くらいの時に生理痛が酷く、病院で診てもらったところ、「右の卵巣が腫れている。子宮内膜症かもしれない」と言われ、「中容量ピルを投与して効果がなければ子宮内膜症の治療をしましょう」という事になりました。
その時も母は「ピルだなんて副作用もあるしそんな危険な薬を飲むなんて!」と反対しました。
そして「漢方を飲みなさい。効果はゆっくりだけど飲み続けていれば確実に効くから」と。
私もピルという薬についての知識がなく不安なのに、更に不安を煽り立てるように追い詰めてきました。

ゆっくりじゃだめなんだよ、仕事に行かなきゃいけないんだよ?
すぐに効いてもらわなきゃ困るんだよ。
何年後に効くか分からないような漢方薬に頼るほどの時間の猶予はないんだよ!

…と思いましたが、ピルの副作用を軽減する意味でも、市販の漢方薬を一時期は飲んでいました。
でもやめても効果はあまり変わりませんでしたし、色々調べて低容量ピルならば保険は利かないけど副作用も少ないとわかり、自己負担で低容量に切り替えました。


あの時の母のパニックぶりが強く記憶に残り、病院で薬を貰うのは悪い事だという意識が奥底に植えつけられた気がします。
多分母は、風邪薬や歯医者の痛み止めなんかはいいんだと思います。
自分が知らない領域の薬を娘が飲む事が恐ろしかったんでしょう。

…何度か書いてますが、私は母に対して心からの愛情を抱けません。
ずっとその罪悪感に苦しんできました。
虐待をされたわけでもない。やりたいことをやらせてもらえたし、しっかり育ててもらった恩は感じている。
AD/HDで人格の偏っている上に、今は飲みすぎのせいで腎臓をやられて弱っている父をかいがいしく世話している事も凄いと思う。
けれど、親として心から愛せないし尊敬できない。
私だけでなく妹達もそう感じているという事は、やはり母はどこかいびつなのでしょう。
「ああはなりたくない」と思ってしまいます。

いっそのこと母に誰が見ても分かるような欠点があればもっと単純に憎む事が出来たのかもしれません。
けれど母は一般的にはとても「良いお母さん」です。
私の子供時代の友人のお母さんは、みなどこか欠けている人ばかりでした。
子供の貯金箱からお金を取ったり、自殺しようと包丁を持ち出した子供を止めずに仕事に行ったり、子供を捨てて蒸発したり…。
そんな人たちに比べれば、母は本当に良く出来たお母さんじゃないか。
だらかこそ母を好きになれない自分は人間として問題があるのではないか?と悩んできたのです…。

なので自分をACだというのは抵抗があります。
母自身はACだと思っています。
祖母に愛されなかった事を延々と私に語っていましたから。
母の家は当時では中流の部類ですし、あのみんな貧しかった時代に学校でいじめられるほど貧乏だった父の方が壮絶だと思うんですが…;;
でも実際かなり母の兄弟は仲が悪いし、祖母はボケて寝たきりになり、同居していた長女に疎まれながら亡くなってしまいました。
兄弟仲が悪いせいでまとまりがなく、法事すらロクにやっていません。お墓も荒れ果てている事でしょう…。

でも祖母も曾祖母の本当の子ではなく、やはり関係は悪かったようで…。曾祖母を早々に施設に放り込んで孤独な最後を送らせていました。
こういうのを連鎖って言うのかなぁ…。
私たちも同じ事を母にするんだろうか?と思うことがあります。
母や祖母ほど自分の親を憎んでいるわけではありませんが。

一時期ACのサイトに入り浸っていた時期がありましたが、何か違和感を感じてそのうち近づかなくなりました。
ACというほど親と決別したいわけではないけれど、どこか母親に対する視線は冷ややかで、まるで他人に接するよう。いや、他人との接触の方がもっと心を開いているかもしれません。

母にたいして時々感じる違和感。
それが母を愛せない何かに繋がっているのかもしれません。
それが何かを探したところで意味はないのか、探すべきなのか…。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-08 20:46 | 家族

彼氏に

電話したので、「今心療内科に通ってるんだ~」と言ってみました。
病名がつくほどではないけど私は不安が人より強すぎるので、薬で抑えている事。
2chの心無い書き込みを見て寝込んでしまうほど他人の感情と自分の感情の境界線がしっかり引けない事。

…を話したんですが、彼はいつもどおり「萌理ちゃんは普通だよ」とだけしか言ってくれませんでした。
思えばAD/HDを告白したときもそうでしたけど。
…普通じゃないから病院通ってるんだけどなぁ(´・ω・`)
もしかしたら彼は私を誰かと比べて普通だとかおかしいとか考えず、「私自身」を見てくれてるのかもしれないですね。
それはいい事だし、心療内科に行ってて薬を飲んでるコトに対しての偏見がないのはありがたいですが…
私が自分の抱えてる問題について苦しんでいる事をどこまで理解してくれてるかが謎です。
心の病をわかってもらうのは難しいですね。

そういえば昨日はなにも仕事できなかったなぁ。
少しおなかが痛むくらいで、特に気分が沈んでるわけでもなんでもないんですが。
今日は頑張ろう…(`・ω・´)
[PR]
by moe_ri | 2009-06-08 02:54 | 不安障害

出来る人は意識しない

またM I X Iの話しで。
今回、ちょっと性格悪いです。

M I X Iカテゴリつくったほうがいいのかな?

ちょっとした縁でマ イ ミ ク になった男の子がいるんですが…。


すんごいネガティブです…

リンク貼りたいんですがアクセス解析ついてて多分ここがバレちゃうんで、興味ある人はメッセくださいw

2chでもイタイブログで晒された経験あるみたいですが、これは確かに…って感じ。
要約すると「自分はブサイクで身長も低いし低学歴で正社員じゃないし収入も低い。こんな俺でも彼女欲しいけど、片思いの人には相手にされないし孤独が募るだけ。だからといってネットでの繋がりを求めたいけどそれもうまくいかない。生きていてもしょうがないけど死ぬ勇気もない俺はゴミクズだ」

…みたいな(;・∀・)
まあ、分からなくもないんだけど…
毎度毎度そのグチが繰り返されています。
限定でちょい彼の話しをしたら、ブログ見た人は「自意識過剰でキモい」て言ってました…;;
まあ…ねー…。

実はお逢いしたコトあるんですが、そんなに酷い容姿ではなかったんですよね。
まあ背は私(158センチ)より数センチ上程度だったですが。
彼なりにブサイク脱出しようと、おしゃれに気をつかったりしてるみたいですし、まあ多少オタクっぽさは漂ってるものの普通には見えました。
でも気を使って「そんな言うほど酷くないですよ」って言ったらすごい喜んじゃって…。
あと逐一私とのやりとりをブログに書くので「そういうのはやめて欲しい」「女の子なら誰でも仲良くなりたいとかそういうのですか?」ってメッセを送ったら
「そんな事言われるなら二度とお逢いしません。どんな風に人と接していいのか分からなくなった。
俺のやり方はそんなにまずかったんですか? これからどうやって生きていけばいいかわかりません」
的なすっごい悲劇のヒロインみたいな返事を貰ってしまい、慌ててフォローのメールを出しました。
まあ「女なら誰でもいいんだろ」的なメール出しちゃった私も悪いですけど;;
でも実際こういう人って、「優しくしてくれるなら誰でもいい」的なとこがあるのはよく知ってるんですよねー。
前の職場にソックリな人がいたので;;;;
実際かなり扱いに困ってます。
あっちからアプローチしてくるわけではないんですが…このままネット上のつきあいするのも面倒だなぁってw
好きな人がいるようですが、その人にも相手にされていないのに何度もしつこくメール送ったり誘ったりして華麗にスルーされてます(;・∀・)

「どうして俺は誰にも好かれないんだろう」と繰り返し書いていますが、分かる気はスル…。
お金とか容姿とかとは別次元で、「この人とは一緒に居ても楽しくないだろうなぁ」ってのが文面から伝わってきちゃうし、それはリアルでもそうなんだろうなぁと。
余裕がない人って見てて分かりますもんね…。
女性はやっぱり「癒してくれる人」「受け止めてくれる人」を求めるから、そういういっぱいいっぱいの男の人は恋愛対象としては見られないかなぁ。
あと、「俺を見てくれ俺を愛してくれ俺を受け止めてくれ」って俺、俺、俺と自分のことばかりで相手を思いやろうって気持ちがあまりない気がします。
卑屈なのに上から目線ですしね…。
まあそういうのは黙っていてもにじみ出ちゃうんじゃないかなと。

実は彼氏もその子のブログ見た事あるんですが、「なんでそんなに考え込むんだろうね?」「風俗行ったほうがいいよね」で終わりました。
私はどちらかというとその男の子側に近いので、彼の気持ちを必死に代弁する側になってしまいましたがw
彼氏は今でこそメタボおじさんですが、ひいひいおばあさん?がロシア人だとかで彫りの深い顔立ちをしていたせいか、若い頃はそこそこモテていたようです。
初体験は高校一年生で近所のおねえさんと。
大学の時は学食だか外でごはん食べてたら、専門学校生の子(全然知らない子)に声かけられてそのままおつきあいしたこともあるとか。
30代前半までは痩せてたみたいなんでその頃知り合いたかった…wwww

本人は「全然モテなかったよ!」って否定してますが、こんだけモテてりゃ十分だよ!と非モテの私からすれば思うし、上記の彼なんかからすれば、黙って座ってても女の子が声かけてくるなんてもう夢の世界なんじゃないでしょうか…。
まあ、何でもそうだけど、できる人は簡単に「適当にやってりゃ出来るよ」って言うんですよね^^;
運動でも絵でも勉強でもなんでも。
モテるための努力してモテてる人ってのはホストクラブに勤めるレベルの人くらいじゃないかなぁ…。
あれは職業ですしね。
恋愛でもなんでも、持てるものと持たざるものっているんだなぁ…とふと思ったりしました。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-07 15:05 | 日常

無事に

生理を迎えられました(´▽`*)

前日に起こるヒステリー球も訳もなく悲しくなることもなかったです。
毎月生理前一週間は辛かったんですが、今回は少し眠いくらいでとても快適に過ごせました。
薬の力って凄い!
しばらくは飲み続けようと思います。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-06 12:10 | PMS

調節が難しい・2

今日は朝からメイラックス一錠を飲みました。
午前中はなんともなかったんですが、午後になってなんだかすごく眠くなって…。
ウトウトしてたら鍼の予約の時間を20分近く過ぎていて、慌てて鍼灸院へ向かいました。
徒歩5分だから良かったけど、これが電車乗り継いでいかなきゃいけないところだったら一大事です。
幸いにも空いていたので先生に迷惑をかけることもありませんでした。

でも寝起きでフラフラしてるせいか、先生に「どうしたんですか?疲れてますね」って言われてしまいました。
なんだか返事しようとしてもろれつも回らないし;;
「天気のせいですかね」と言われて終わったんですけどね。
「こういう天気が変わりやすくて雨が降りそうで降らない日は調子が崩れるんですよ」だそうで。
そういえば降ってからより降る前の方が調子悪くなりますよね。
…まぁ、今日のは薬のせいですけどw

で、終わった後もなんだか足元がふらつくし、外に出たとたん壁にぶつかるようにして寄りかかってしまいました。
こんなのはじめてなのでびっくりです。
帰宅して布団に倒れこんだら、二時間半くらい眠っていました…。

うーん、なんともない時はほんとなんともないんですが、調節が難しいですね。
ただ、そろそろ生理が始まる…という割りには落ち着いているとこはほんとありがたいです。
この時期はかなーり荒れるので。

過食も収まれば…と思ったんですが、そう上手くはいかないようで。
コンビニでポテチとロールケーキ買って食べてしまいました;;
まぁいつもよりはこれでもましな方なんで、いい事にしておきます…。
明日あたりが生理予定日一日前で一番大荒れっぽいのでどうなるか…とドキドキです。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-04 22:51 | PMS

イグアナの嫁2

私が結婚できるとは―イグアナの嫁2

細川 貂々 / 幻冬舎




ドラマ化されたせいか、本屋に「ツレが~」と二冊並べて置いてあったので続編をまた立ち読み。
プラス、上記の「イグアナの嫁2」も読みました。
貂々さんってノンキで飄々としたイメージだったけど、「イグアナ~」の方では「自分は結婚なんてしたくない(できない?)」「女ばかりが損して自分の時間なんてなくなるのにどうしてみんな結婚するんだ」「男なんてスケベか自己中か束縛するヤツしかいない」
とガンコで男嫌いな人だったようです。
それがツレさんと出会って「どうしてそんな風に決め付けるの?」と諭され、あきらめていた絵の道も、ツレさんにうっかりラクガキのマンガを見られて「マンガ上手いじゃん」と褒められたことでマンガ家を目指してデビューして…と、 貂々さん自身もツレさんに助けられた面が大きかったんだなぁと思いました。
「ツレうつ」を読んでいる限りでは貂々さんはすごくポジティブ思考な人だと思っていましたが、かなりマイナス思考で、勤めているときは母親にグチばかり言っているし、ふとそんなグチをにこにこ聞いてくれて、なおかつかいがいしく世話を焼いてくれている母親に思いを馳せ「専業主婦ってこんな風にならなきゃいけないの?だったら自分には出来ない!」とまたマイナス思考に陥り・・・。
まるで自分を見ているようでした^^;

そんな彼女が変われたのは、帰国子女でおよそ日本男児とはかけはなれた考えを持つ、ポジティブなツレさんのおかげだったようです。
だからこそ、ツレさんがうつになって働けなくて、布団にもぐって泣いてばかりいても、温かく見守るコトが出来たんでしょうね。二人の絆は深いんだなぁ~と思いました。

さらっと書いてありますが、結婚したときはツレさんは30歳なのに夜間の肉体労働のバイトをしてるし、貂々さんは仕事をやめて無職で。
でもツレさんは「結婚したんだから」と正社員の職を見つけてきたにも関わらず、貂々さんがマンガ家デビューしたのに影響されて「ボクは音楽で食べていきたい!」なーんて会社辞めてネットで音楽を作る仕事を始めようとするし…(当然うまくいかないわけですが)
それでも貂々さんはそんなツレさんを見捨てたりしないし、ツレさんもあまり良い主婦ではない貂々さんを非難したりしないし…。
なんだかんだありながらもポジティブにやっていけてる二人は凄いなぁ…と思いました。

「私はフリーターのツレと結婚したんじゃない。ツレ自身と一緒に居たいから結婚したんだ。だから彼が何をやっていても気にならなかったんだと思う」
の一文にはハッとしました。
今って婚カツが盛んだし、年収は●百万以上で次男で同居の必要がなくて…
みたいないろんな条件から入ってしまうけど、それが本当に幸せになるためのものなのか?と。
自分もそういうところに振り回されていた時期があったし、未だに無職の彼に対して不安に思うところはあります。
けど…それでも彼を必要としているのではないか?
親に何と言われてもいいんじゃないか?
・・・って。

周りの友達を見ていると、みんなうまくいってるように見えて色々あると思うし。
円満な結婚生活ってないんだなぁ。
それを乗り越えるから夫婦なんだろうなぁ・・・・と色々考えさせられる本でした。
「ツレうつ」よりこっちの方が自分に近くて面白かったかも。
前作の「イグアナの嫁」も読んでみたいです。
[PR]
by moe_ri | 2009-06-03 03:05 |