ひとりごとブログです。


by moe_ri

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

普通じゃない

本屋で、アスペルガーの奥さんと暮らしている男の人のエッセイがあったのでパラパラとめくってみました。
(奥さんは宇宙人とかそういうタイトルだったと思う)
「妻は次の日も同じように平穏に続くということを信じられず、毎日ニュースを見て『ああ、今日も普通に一日が始まってよかった』と安心する」という一文があって。

普通の人はそんなことを疑いもしない、もしくは考えないようにしているけど、アスペルガーの人はそれを真剣に考えてしまうのだと。
あと、感情が全部顔に出てしまうとか。

私はADHDですが、今日一日が何事もなく終わりますようにと毎日祈っていたことを思い出しました。(もっとスケールが小さくて、ミスや誰かにいじめられずに心が波立つことのないように、という事でしたが)
何かのニュースを見ると、それが頭から離れずぐるぐるするし。

なんだか読むのが辛くなって、1P読んでやめてしまいました。

…こういう本を読むと、自分はやはりまともでないのだ、宇宙人なのだ。
ということを突きつけられてちょっと落ち込みますね…。
[PR]
by moe_ri | 2008-12-26 01:22 | ぐずぐず日記

みにくい

生理前になると、自分の姿がいやになります。
バスルームの鏡に映った自分の姿。
一番太ってた頃からはだいぶやせたけど、それでもお腹にでっぷり脂肪がついていて。
お尻も大きくて、ぶよぶよしてて醜い。
セルライトだらけのふともも。むくんでぼってりしたふくらはぎ。四角い顔。男の人と同じくらいある手の平。なかなか減らないアンダーバスト。
全部、嫌いになる。

ショップの店員さんやエステの店員さん、街ですれ違う女の子みんな細くて綺麗に見えて、自分がみずぼらしく感じる。
自分で自分の体を愛さないと、と思うけど…。
入らない服も沢山あるし、細身のニットなんてお腹のラインが突き出ててみっともなくて着られない。

もっとやせなきゃって思うのに…
食欲がとまらない。

大丈夫、自分が思うほど醜くないっていつもは言い聞かせてるけど、この時期だけはそれがガラガラ崩れてくらい気持ちになります。
「何着たって似合わないし」と購買欲も薄れるので無駄遣いしなくなっていいんだけど^^;
[PR]
by moe_ri | 2008-12-20 00:07 | PMS

女の価値・2

またもや社長のことで…。
聞かなきゃいいのに、他にだれと出来ていたか…聞いてしまいました…


私はてっきり、女好きを自称するイケメン君とデキてるんだろーなーと疑っていて、彼に対してもちょっと距離を置いたりしてたんですが(他にも仕事で彼の尻ぬぐいとかさせられてるのでそれだけが理由ではないんですけども)
そっちは全然関係なくて、別の、大人しそう~で女性経験がない、年下の男の子と関係を持っていたようで…。
しかもそれを自慢げに仕事でのパートナーの女性に話したらしく「自分が女の肌のぬくもりや匂いを教えてやった」って…
いや、唖然としました…
会社が無くなった後、私はその男の子に何かと仕事を手伝ってもらって、今のプロダクションに紹介したりしてたんですよ。
真面目で実力もある子だし、それはそれ、これはこれ…なんですけど。
これからは彼とやりとりする度に社長の顔がよぎりそうで…げんなりしています(;´Д`)
思ったよりショックが大きかったようで、もう今日は仕事する気も起きません…

関わった男性スタッフには何かしらのモーションをかけていたようなので、イケメン君や他のスタッフも誘われたしたのかもしれないのですが。
ただ彼らも誘いにホイホイ乗るほど思慮が浅くなかったって事ですよね。
仕事先の相手と肉体関係を持つ事ほど面倒な事はないって、社長以外は分かってるでしょうし。

…もしくは、彼らのような、女性経験が人並みにあるフツーの男性には相手にされないと分かっているから、女性経験の少なく大人しそうな男性を狙って誘っているのかもしれません。
でもそれって余計情けないですよね…確実に自分より下の相手でないと『狩り』が出来ないなんて…。

社長自身は自分を美しい女豹だと思い込んでるのでしょうが、鏡に映った正体はたるみきったトドですよ?
やまぶきさんのコメントのように、頭のなかは一番綺麗だった20代で止っていて、当時の自分の武器がまだ通用すると思っているのでしょうね…。
もう今の彼女は「お金を積まれても寝たくない」と言われるような醜い姿になってしまっているのに。

なんかこう…女としてものっすごく情けなくなって、力がぬけました…。
仕事のスキルと同じく、年相応の武器を身につけなければ、女としても生き残れないのになあ。
ある意味本能に忠実でうらやましくもありますが。
[PR]
by moe_ri | 2008-12-18 00:49 | 仕事

ブラック・ティー

ブラック・ティー (角川文庫)

山本 文緒 / 角川書店



山本文緒さんの本が大好きです。
「等身大の~」って言葉は好きではないけど、まさにそんな言葉がぴったりあてはまってしまう。
もう若くもない、仕事も先が見えていてルーチンワークで、恋愛もうまくいかなくて…。
周りにうまく合わせたいのに合わせられない。もしくは、合わせているふりをしてるけど、どこか疲れ切っている。
まさに自分のことを言い当てられているみたいな、でも、「そうだよね、わかるよ。でも悪いことばっかりじゃないよ」と、気のおけない女友達に話しを聞いてもらって慰められてるような。
そんな気持ちになるお話ばかりです。

山本さんの作品を知ったのが、図書館で手に取った「ブラック・ティー」でした。
当時私は無職で、アルバイトすら見つからず毎日悶々と過ごしていて。
でも時間だけはあったので、図書館に通って本ばかり読んでいたのです。
タイトルと装丁が気に入って借りてみたのですが…。
自分の状況と重なる短編があったりして、もう泣きそうになってしまいました。
「それでも生きていかなくちゃいけない」
毎日しんどくても、居場所がなくても、仕事が見つからなくても。
決してハッピーエンドの話しばかりじゃないけど、どこか心が軽くなる。
辛いのは自分だけじゃないと思える。
なので、落ち込んだ時は山本さんの本を開きます。

山本さんは鬱病にかかり、「再婚生活」というエッセイで鬱病の事について語っていらっしゃいますが。
そんな方だからこそ、現代社会の女性の抱える悩みや不安を繊細に描く事が出来るのかなと思ったりしました。
[PR]
by moe_ri | 2008-12-16 02:28 |

まだ

仕事中だけネットを切断するようにしたら、仕事がいままでの半分の時間ですむようになりました。
どれだけ無駄な時間を過ごしていたかということですね。
でも、集中力を一気に放出するので、作業が終わった後の疲労が半端ないです。
一日12時間くらい寝ています。
散歩に出かけたり、スーパーへの買い出しに行くとすごく体力を消耗した気がして、やっぱり眠くなって寝てしまうのですが。
もうまともな勤めには出られないかも・・・

そういえば、ADDの人は精神年齢の成長速度が遅く、普通の人の三分の二程度の精神年齢であるとどこかで見たのですが。
計算してみたら、私はまだ21歳なんですね。
20歳の頃は14歳。
そりゃ子供っぽい訳ですね…。
なんとなく納得してしまいました。

普通の事務とかやる分には不利な面が多いのですが、クリエイティブな面では有利に働くかも。
だいたい、年を取ると考えがガチガチになり、新しいアイディアが出てこなくなるものなのですが。
精神年齢が若いのなら、その「頭が古くなる」のが一般の人より遅いから、クリエイター生命も延びるんじゃないかなあ…なんて思ったりして。
ADHDの人がクリエイティブな職業にむいていると言われるのはそういうのもあるんでしょうね。
あーでも、その前に頭脳の衰えが先に来ちゃうのかな…?
[PR]
by moe_ri | 2008-12-14 23:00

なんにも考えたくない

自分のことばっかり考えていたい。
情報なんて入れたくない。

でも勝手に入って来ちゃう。
見たくなくても見てしまう。

いろんな人の意見がネットで飛び交ってて、片方の言い分だけを素直に支持できればいいんだけど、両方の言い分を聞いて冷静に判断しないと、と思うと苦しくなる。
攻撃的な言葉が怖い、不安を煽るような文章が怖い。何も出来ない無力さを突きつけられると生きているのがイヤになる。
偏っててもなんでも、自分の考えがあれば揺るがないし苦しくならないのに。

TVなら消せばいいし新聞は読まなきゃいい。
でもネットは勝手に情報を垂れ流す。

いろんな情報が一気に入ってきてしんどい。
何も考えたくないのに。

…少しネットから離れた方がいいのかも。
[PR]
by moe_ri | 2008-12-10 12:33 | ぐずぐず日記

女の価値

久しぶりに去年所属していた会社関係の知人に会う機会がありました。
社長の話になったのですが、相変わらず周りを振り回して結果は散々、みたいな事を繰り返しているみたいで…。
知人も相当怒っていて、「もう縁を切る」って言ってました^^;

それはさておき、驚いたのが社長の異性関係。
もともと男性経験が豊富なのを自慢していて、今まで肉体関係を持った男性は三桁近いとか、ヤ●ザと寝た事があるとか、アブノーマルなプレイをしたとか…。
携帯小説顔負けの悲恋話しとか…。
仕事の打ち合わせそっちのけで、そんな自慢話を延々聞かされたこともしょっちゅうです。
(後で聞いたらこれ、みんな聞かされていたようです)

ですが、さすがに今は大人しくしてるんじゃないか…と思っていたら。
なんと、仕事の若いスタッフの子に迫ったみたいで…。ビックリしました。
もう三十半ばで、子供もいて、別居してるとはいえ旦那さんもいるのに…。
他にも知人の旦那さんに手を出そうとしたりとか、かなりの節操なさに開いた口がふさがりませんでした。
以前、好みの男性スタッフにはかなりデレデレしてて甘くなってたを見てたので…。
(甘い言葉をささやかれて浮かれてましたよ…)
もしかしたら彼ともデキてたのでは…とか考えるとちょっと気持ち悪くなってきました( ;´・ω・`)仕事に私情を持ち込むとかね、最低ですよね;;

呆れると同時に、ちょっとかわいそうになってしまいました。
憶測なのですが、社長はそうする事でしか異性と関係を保てないのではないかな・・って。
また私の分析癖が出てるんですけど。
だって、一番簡単で確実な方法じゃないですか。
元々人づきあいが拙い人なので、余計にそれを感じます。
さっきTVをぼんやり見てたら、チャラ男が出てて。
「初体験は鉄板女だった」って言ってました。
「鉄板女=すぐできる女」ってことなんですが。
男の人からしたら、そんな対象でしかない。
もしくは、仕事関係なら「この女と寝ておけば、先々何かと便利かもしれない」という計算が働いたり。
きっと社長はそれが自分の魅力、もしくは武器だと勘違いしていたんじゃないかなって。

若いならそれもありですが、中年にもなってそんな稚拙な関係しか結べないって、切ないなって。
中村うさぎの本じゃないけどそれって「していただいてる」って事ですよね?欲望のはけ口ですらない。
自分で自分の価値下げてるだけなのに、それにいつまでたっても気付ないのは不幸なことだと思うのですが。
でも、そんな風にしか扱われてこなかったから、他にやり方が分からないのかもしれませんね。

私だけが社長のそういうオーラを感じていたのかと思ってたら、他の女性スタッフも感じてたようです。
女はやっぱり女に対して敏感ですね。
[PR]
by moe_ri | 2008-12-05 01:21