ひとりごとブログです。


by moe_ri

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

食欲はないけど、お菓子だけはバカみたいに食べてます。
お昼も晩ご飯も作り置きしてたおじやときゅうりの浅漬けだけ。
なのに、おやつはポテチやパイなんかを大量に摂取。
ご飯が質素なので、一日のトータル摂取カロリー自体はそうでもないと思うけど、でも病んでるなあ…と思います。
昨日の晩も、さして空腹でもないのにいきなりホットケーキミックスでお菓子を作って食べて。
気持ち悪くなって吐きました。

食べたくなければ何も食べなければいいのに。
この「何か食べなくちゃ」って脅迫観念はなんなんでしょうね。

生理前だけだけど、とてつもない不安に襲われて、息苦しくなることがあって。
安定剤をもらおうかどうかその度に考えてしまいます。
でも、一度飲み始めたらずっと飲まないといけなくなる気がして怖いです。
以前、軽鬱の時にもらわされた薬(ドグマチールとかあったような…)やリタリンの副作用の苦しさが頭をよぎって躊躇ってしまいますし。
自分でなんとかやりすごせるレベルなら飲む必要はないのかな?とおもうけど…。

なんか、こういう「中途半端さ」にずっと悩まされている気がします。
軽鬱にかかるまでもそうでした。
友達と話していても、自分といて楽しんでもらえているのか、不安で不安でしょうがなくて。
会社に行ってからの些細な行動までも気を遣ってビクビクして、人といると常に気が休まらなくて。
でも、真面目すぎるほど仕事は頑張ってないし、生活に支障をきたすほどの体の不調は起こらなかったし。
でも、いつこの生活が破綻するんだろうか?自分はいつか道を踏み外すんじゃないかとビクビクビクビクして。
いっそのことドーンと落ちちゃえばいいのに…そしたら、もうこんな思いせずに堂々と「病気なんです」って訴えられるのにって。

今も少しだけど、そういう気持ちはあったりします。

私はADDですが、普通の人よりも神経質すぎる点が結構目立つ気がします。
ADD特有の天衣無縫さがないというか…。
「普通」を目指して努力した結果だからいいっちゃいいんですけど。
「どうでもいいこと」に神経質すぎるのもADDの特質なんですが;;
そのせいか割と真面目に見られますが、もうちょっとお気楽~に生きたいなぁと思うこともあったり…。
定型の筈の友人の方が好き勝手やってる気がします。
でも空気読めてないのは私なんですよね。なんかなあ。


確実に「普通」ではないけど「異常」というほどでもない。
どっちつかずなのも結構疲れるなーって思います。
[PR]
by moe_ri | 2008-11-24 21:30 | PMS

グロテスク

グロテスク
桐野 夏生 / / 文藝春秋
ISBN : 4163219501
スコア選択: ※※※※※
前述した「私という病」にも出てきた「東電OL殺人事件」をモチーフにした作品です。
この本がきっかけで桐野夏生さんの作品を何冊か読みましたが、その中でも最高傑作だと思っています。

More
[PR]
by moe_ri | 2008-11-23 11:55

またぐるぐる…

いつもよりは軽いけど、やっぱり生理前後は辛いです。
風邪をひきずって息が苦しいほどの鼻づまりも加わって、あまりいいコンディションとはいえません…。
食欲がほとんどないんですよね~。過食よりはいいけど、でもちゃんとおなかがすかないと不安で;;
全然食べないで過ごす事とそれはそれで気になるので、おいしいと思わないのにいろいろ食べちゃって…だめですね><
それでも仕事はしなくちゃいけないので、休み休み頑張りますけども。。。

PMSの時って、だいたいちょっとしたきっかけから昔の思い出が噴き出してきて鬱っぽくなっちゃうのですが。
この間、友だちと三人で鍋に行ったとき…。二人とも自分のことばっかり話して私の話は途中で
腰折られてばっかりな気がして…。
でも友達同士では話が弾んでるように見えるんですよね。
きっと被害妄想なんでしょうが。
みんな在宅ワークな人たちなので、人としゃべるのが久しぶりすぎてとにかく「俺が俺が」って感じなんですよね~^^;


あと、私ほめられることが少ないなあ…って改めて思ったり(これも被害妄想なんですが)
なんか下に見られることが多いっていうか…私に興味がないっていうか。
口に出して「すごいね」って言ってもらわないといけないのかって言われるとそうなんですけど・・・。
女の人はそんな事思わないのですが、男の人相手だと特に。
女の人は社交辞令でも相手をほめることに抵抗ないし、男の人ってやっぱり心の中では自分が一番!と思ってるから、女をほめる事は滅多にないんでしょうけど。
でもなんだか…見下されるような発言されると、私ばっかり粗末に扱われてるような気がして鬱々してしまいます。
気を許してるからだともいえなくもないし、恋人でもない人にそれを求めるのはどうかなとも思うけど。。
やっぱり男の人に認められたいとかちやほやされたいって未だに思ってるのかもしれません。。
[PR]
by moe_ri | 2008-11-23 11:11 | PMS

人恋しいけど人がこわい

さっきまで、離島に引っ越した友達とskypeでお話してました。
でも、向こうはマイク持ってないので普通にチャットですが;;
離島はいろいろ大変みたいです…。

なんかここ数日、急に人恋しくなってます。
誰かとお話したくて仕方ないのです。
PMSなのかな?
今回はそんなにイライラとかあんまりないです。やっぱり外に出なくなってストレスがなくなったからかなあ?
彼氏に電話すればいいのかもだけど…なんか、どうしても就職の話になっちゃうから怖くてあまり電話できません…。
でもチャット出来る中で親しい友達ってのもあんまりいないし(友達はみんなそういうのやらないので)、なんかさみしいです。
本当はチャットより、声が聞きたいんだけどね。

その前の日は友達ともつ鍋を食べにいきました。
楽しかったんだけど、また私が発した一言が余計だったんじゃないかといまだにひっかかっています。メンタルクリニックの話題になって、つい自分が去年ADHDのこととかあって、不安で涙が止まらなくなったときの話しちゃって。一人はそういう重たい話題を避けるような人なので、なんとなく視線をそらして話題が終わるの待ってたようなかんじになって。しまったーと思ったけど遅かったです。。
でもそれ以外はすごく楽しくすごせたし、相手だって忘れてると思うんだけど・・・・。
どうしてあんなこと言ったんだろう?ってまだ気に病んでます。
人と会うたびこうなんですよね。はあ…。気にしないようになりたいんだけどな。
[PR]
by moe_ri | 2008-11-20 00:47 | PMS

私という病

私という病 (新潮文庫 (な-60-2))
中村 うさぎ / / 新潮社
ISBN : 4101341729
スコア選択: ※※※※※

本屋をぶらぶらしていて、オビに惹かれて手にとりました。


ミスドで一気に読み終えた後、なんとも言えないショックと絶望感に打ちひしがれました…。

ずっとずっと、自分の中にある矛盾を全部暴かれた思いがしたのです。

どうして、同性である女子の同級生にいじめられたことはもう忘れかけているのに、男子からの罵声や嘲られた言葉だけをつい昨日の事のように覚えているのか。

どうして、次から次へと新しい洋服を身につけたいと思うのか。

どうして、痩せてきれいになりたい、男性にちやほやされる自分でいたいと思うのか。

どうして、無職になったときあの仕事(短期間ですがある性風俗に関わったことがあります。直接接触はしない仕事ですけど)を選んだのか。

 どうして、どうして、どうして。

ずっと抱えていたブラックホールが埋まったような。

そして、パンドラの箱を開けてしまったような気分です。

エヴァンゲリオンのアスカの自己崩壊シーンみたいになりそうでした。
比喩でなく、本当に絶叫しそうになったんです。


OLだった頃より遙かに薄れてしまったのは、私がある程度の「お姫様願望」を彼氏に満たしてもらえているからなのかもしれません。
それでも彼氏以外の人に「魅力的な女だ」と思われたい願望はあります。
レースやリボンやピンク色が好きなのも、私の「お姫様願望」の現われかもしれない。
仕事が出来ても、頭が良くても、女として価値がなければなんの意味もないと思っている自分がいます。
性交を求められると、男性の欲望の対象として見られていることを誇らしく思う一方で、浅ましい女だと己を罵る自分もいます。

中村うさぎは、自分を苛む「女として認められていたい」という願望のためにデリヘルで働き、女性が抱えるアンビバレンツを見事に解き明かしました。
もう本当に、お見事としかいいようがありません。

この中で「東電OL事件」について触れられていますが、私が大好きな桐野夏生の「グロテスク」と全く同じような事が書かれていたのでぎょっとしました。
「グロテスク」を読んだのかと思ったけど、全て中村うさぎの妄想だと記してあって、ますます寒気がしたのです。
女はみんな、この事件に対して同じ思いを抱いているのか、と。
そして、男という存在が単純で、とても幸せないきものに思えてきます。

ちょっと考えがまとまらずうまく書けないのですが、今まで思い悩んでいた事が解決してスッキリした・・・・と単純に言えないです…。

漠然と何か疑問を持っていたとしても、ここまで思い至らない人が大半だと思います。
でも、知らないほうが幸せなことって、あるかもしれないな。
自分の存在自体を疑ってしまうから。
そして、知ったところでどうにもならず、新たな絶望感を抱えて生きるしかないんだと思い知らされる。
そんな本でした。
[PR]
by moe_ri | 2008-11-03 18:56